望遠レンズでのお花撮影【フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR】

これから春を迎えてどんどん花が咲いていく季節になってきます。
特に春と言えば桜がいっせいに咲きますし、写真好きでなくても、その姿を美しく、心に感じたように撮ってみたいと思うものです。

でもその姿を見せてくれるのはとても短くて、お仕事でもしていたら本当にチャンスは一瞬にも感じるくらいです。
そんなわけで、今のうちに少しでも練習をしておこう・・と、念願のサイズのレンズを購入し、近所のお花のあるスポットへ行ってみました。


お花を主役に写真を撮るときには、フルサイズカメラ35㎜換算で135㎜のレンズ(ミラーレス一眼 APS-Cサイズの90㎜程度)がおススメと良く聞いていましたが、カメラ本体+標準レンズ合わせての金額と比べても高価なレンズでしたので、なかなか購入をできずにいました。
でも、レンズの人気ぶりから中古になっても値がつくので「使いこなせなかったら売ることもできるし」という保険?をかけて購入しました!


レンズが到着後、まずは仕事帰りにイクスピアリで撮影練習です。
これまで標準レンズで撮影ばかりしていた私には、距離感をつかむまでに少し時間がかかりました。笑
思った以上に遠くのものを狙うイメージでした。(撮影距離範囲:60㎝~∞ 富士フィルムHPより)

最初こそ戸惑いましたが、ショッピングモールではさすが照明や見せ方を工夫しているだけあって、特に背景や光を深く考えなくても肉眼以上のドラマチックな写真がすぐ撮れて大満足。
自然なボケが作りやすく、ピントを合わせたものの質感もやわらかく上質に表現されています。


中庭や温室での撮影は、背景探しがポイント

稲毛海浜公園の千葉市花の美術館にて、お花の撮影をしてきました。幕張方面から海沿いの道路を下って、海側にその場所はあります。温室が2フロアと中庭があり、温室の2階は熱帯の植物エリアでしたので、温室の1階と中庭で撮影をしました。

季節的にかもしれませんが、小さな草類のお花が多くてほぼほぼ地面に付けるような位置からの撮影です。また、建物内や中庭なので、その位置からは背景に空を入れるのが難しい(というか無理?)とまず感じました。背景はピントの位置から離れていればすっかりぼけてくれるのですが、とはいえ色や形は入ってきます。

最初に背景と光の入り方をみてエリアにあたりをつけ、そしてピントを合わせる主役を色々変えてみて撮影してみるとスムーズに撮影できました。

絞りf/2  1/2200秒  ISO800 チューリップは旬をすぎてましたが色鮮やかで主役感がすごい。

絞りf/2  1/1000秒  ISO800 花目線だと上からとは違った花の世界を見せてくれます。

花撮影での設定や撮影のポイントと次のステップ

お花撮影時の設定について

今回の花の撮影時に設定したこと、意識したことなどをまとめます。

  • 絞り(F値)は開放
    今回のレンズですと開放限界値の2.0に設定しました。桜の場合など木の全体を入れる場合などはまた少し違いますが、1輪ずつの花を撮影する場合は絞りを開放にしたほうが背景のボケがやわらかくなり、ピントを合わせた主役の花が際立ちます。
  • 撮影モードは絞り優先
    いつもはマニュアル設定でピントもマニュアルで1枚1枚撮っていました。でも今回は、花撮影で良くおススメされるAモード(絞り優先)で撮ってみました。
    そのほうが撮影に集中できるかなと思ったためです。でも気が付くとシャッター速度を動かしている自分がいて混乱したので、マニュアルに戻しました。
    Aモードも慣れたら楽になると思いますが、現在の機種(Fuji X-T10)の場合はダイアルが画面操作でなくアナログですぐまわせるので、Mモードでもいいかと思っています。
    このあたりは、シャッタースピードを簡単に変えられる癖ができればマニュアルでいいのではと思っています。
  • 明るさ(ISO感度と露出補正)を上げる
    「ふんわり明るい」写真に撮影するには、どこかで明るさを上げたいです。
    明るさはjpegでそのまま使うかRAW現像するかにもよりますし、色々方法があります。
    私の場合は、マニュアルでしたので基本的にSS(シャッタースピード)で明るさを調整しました。
    Aモードの場合は、シャッタースピードが適正な明るさに自動的に設定されますので、「露出補正」で明るくすることが良いと思います。
    ISO感度は、マニュアルの場合は設定で良いかと思っています。シャッタースピードが遅くなるようならISO感度を上げる感じです。
    Aモードの場合は、オートが良いです。
  • 色の調整について
    WB(ホワイトバランス)やピクチャースタイルなどの色の設定ですが、WBはその場で設定(ほぼオート)、ピクチャースタイルは基本的にはニュートラルで撮っています。

次の撮影に向けて 


次回のお花撮影はポピーの予定です。

ポピーはどんな花で、何を見せたいかやどんな光で撮りたいかなどを考えてから撮影に行こうと思います。
今回はレンズを変えて撮影しませんでしたが、今度は遠出で時間もお金もかかります。。笑

他に標準レンズ、広角レンズ、オールドレンズでどのようなイメージで撮りたいかを、なんとなくでも決めてから撮影に行こうと思いました。
そのほうが時間や体力を撮影にかけられますし、イメージ通りに撮れた時はもっと嬉しいのではないかなと思います。
もう咲いているようなので、天気と予定を見て早めに撮影にいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ情報・お問合せ