高円寺阿波踊り2020の運行表や桟敷席は?屋台や場所取り方法も

東京高円寺阿波踊りは、東京の代表的な夏祭りのひとつ。
高円寺の商店街の青年部が発足したお祭りは、現在は東京周辺において最大規模の阿波踊りとなっています。
そもそも名店が多く魅力的な高円寺の商店街が、夏の終わりの2日の間、大迫力のお囃子と踊りに包まれます。
毎年100万人近くの来場者を惹きつける、高円寺阿波踊りの見どころやその中での場所取りなどをチェックしていきましょう!
スポンサーリンク

高円寺阿波踊り2020の日程や時間は?


阿波踊りは、連(れん)と呼ばれる踊り子と、三味線・しの笛・太鼓・鉦鼓(しょうこ)という打楽器などのチームが、2拍子のリズムで演舞します。

東京杉並区の高円寺で行われる阿波踊りは、毎年8月後半の週末2日で160を超える「連」の1万人もの踊り子たちがパフォーマンスをおこない、100万人近くの観覧者とともに町中が熱気につつまれます!

2日間の日中は商店街の練り歩きの他にも、屋内の2か所の「舞台公演」も開催され、至近距離で演舞を楽しむことも。

そんな高円寺阿波踊りの2020年今年の開催日と時間は以下です。

2020年8月22日23日  17時~20時

 

まだまだ残暑厳しい暑さの明るい時間から始まり、すっかり暗くなるまで迫力のお囃子の音と踊りが続きます。

お天気については、少雨決行

通り雨でレインコートを着込んでの観覧となる年もあります。

高円寺阿波踊りをどこで見る?演舞場と運行表をチェック!

高円寺阿波踊りの商店街の「演舞場」は8つ

高円寺阿波踊りの醍醐味は、なんといっても商店街を練り歩く流し踊りです!

商店街で、連が隊を組んで踊りのパフォーマンスを繰り広げます。

演舞場は8つあります。


© OpenStreetMap contributors

広い通りのメインストリートに「中央演舞場」「桃園演舞場」「みなみ演舞場」

こちらはまさにメインの演舞場になりますので、混雑は必須。

協賛した方に用意される桟敷席があり、その他の自由席は場所取りができます。

この辺りで一番前などを確保するために、朝から場所取りが始まるともいわれる激戦区。

そのなかでも、JR高円寺駅から一番遠い「みなみ演舞場」は少し穴場といえます。

狭い商店街の「パル演舞場」「ルック演舞場」「ルック第二演舞場」

大通りに比べて道幅が狭いため、近くで踊りを楽しめます。

立ち見や歩きながらも観られるので、仕事帰りなどに立ち寄って見たいという方はこの辺りがおすすめ。

高円寺駅北口の「ひがし演舞場」「純情演舞場」

メイン通りほどの混雑は避けながら楽しめます。

純情演舞場のJR高円寺側には、桟敷席がありますので後半に近づき盛り上がりを見せます。

運行表をチェック!参加する連は160以上

【参考】2019年の運行表 ※2020年ではありません。

map02_cropped

引用:NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会

高円寺阿波踊りには、160以上もの連が参加しています。

 

見てみたい連や、すでにファンになっている連があったなら、運行表を見てスタート地点や通る演舞場をチェックして待機場所を決めておきましょう。

 

参加する連は160以上もありますので、すべての連がすべての演舞場のルートを通れるわけではないためです。

お目当ての連がスタートする地点をチェックして見られる位置で待機しておきましょう。


見たい「連」のSNSをフォローすることでもチェック出来たり。

追跡のできるアプリもあるようですので、ぜひ追いかけてみてください^^
東京阿波踊りApp

 

高円寺阿波踊り場所取り方法と桟敷席の申し込み方法は?

高円寺阿波踊りの場所取りは?

場所取りは、昼頃にははじまっています。

見たい連があり、いい場所を確保したい場合は真夏の昼からの確保が始まりますが、テープを貼るなどの場所取りは禁止されています。

Q: 場所取りは?

A:車道上にテープを貼っての場所取りは、禁止されています。
大会当日開始前に貼られたテープは警察、実行委員会、踊り手により剥がす作業を行います。
また、店舗の営業を阻害するような場所取り・観覧はご遠慮ください。

引用:NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会

真夏の日中から、ずっと同じ場所にいることは厳しいですので、数人で交代するなどの工夫が必要でしょう。

穴場といえる場所や、道路側から1列入った立ち見の列でみるためには、15時ごろには確保できているといいですね。

開始近くになったり踊りがスタートすると人混みがピークになりますので、一度場所を離れたら同行者の分を確保しておくことも難しくなります。

それまでに、トイレや飲み物の確保なども夕方までにしておけると安心です。

高円寺阿波踊りの桟敷席情報

憧れの桟敷席は、協賛に応募することで観覧することができます。

桟敷席があるのは「純情演舞場」「桃園演舞場」「みなみ演舞場」の3か所の演舞場です。

例年7月1日ごろからの申込となっていますので、詳細は公式ページにてご確認ください。

【参考】2019年の演舞場配置図

引用:NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会

阿波踊りを前夜祭や舞台演舞でも楽しむ

1日早く金曜の夜に前夜祭で楽しむ

高円寺阿波踊りの2日の日程の前日に、「ふれおどり」という前夜祭が行われます。

前夜祭とはいえ人は集まり本番さながら。ですが、当日より人混みは少なくなりますので、人混みを避け1日早く観覧できる前夜際もお得感満載です^^

お昼の時間に舞台演舞で楽しむ

阿波踊りの当日、昼の時間帯に1日2公演、2か所の会場で行われます。

以下の2か所で舞台上の演舞を楽しむことができます。

セシオン杉並(高円寺地域区民センター)
住所:東京都杉並区梅里1-22-32

座・高円寺1
東京都杉並区高円寺北2-1-2

室内の舞台で行われるので、真夏の昼でも涼しい場所でゆっくり見ることができますね。

チケットは当日券のみで開演の60分前から販売され、料金は1000円で見ることができます。(2019年時点)

舞台の音響や照明で演出される阿波踊りの舞台、一度見るとはまるそうですよ!

高円寺阿波踊りの屋台や店頭でグルメも楽しむ

高円寺は、普通に商店街や周辺のグルメが大変魅力的な町。

屋台も変わり種やおしゃれなお店も多く、商店街のレストランやカフェなどのお店の店先でもテイクアウトを販売しています。


バリエーションが豊かでおいしそう過ぎて、何を選んだらいいか分からなくなるほど^^

水分補給のためのミネラルウォーターや急な雨のためのレインコートなども調達できてしまうコンビニもあります。

本格的に屋台を楽しみたい方は、氷川神社を中心に出店していますので、
氷川神社に行くと夏祭りらしい「屋台」にたくさん出会えます。

まとめ

東京高円寺の商店街は、私も飲みに良くいく場所のひとつ。
JR高円寺駅の北も南も商店街が伸び、スーパーや青果店、古着屋、そして居酒屋系からワイバーのようなお洒落な飲み屋まで。

それぞれが魅力的でただ商店街を歩くだけでも楽しい町です。
夏の終わりに、今年も熱気に包まれる2日間(と前夜祭)がやってきます。

ぜひ運行表やプログラムなど早めにチェックして、高円寺のお祭りを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ情報・お問合せ