英会話初心者が本気で独学勉強するためのおすすめ本ランキング!

英語をしっかり勉強していても、「英会話」になると英語がでてこない。という方は多いと思います。

オンライン英会話を試してみたけど、何も答えられなくて気まずい感じになって…会話が続けられなかった。

よく使うフレーズを覚えて再度トライしたけど、やっぱり会話にならなかった。ついでに心も折れた…。

そんな方に、英会話を独学で勉強するためのおすすめ本をご紹介いたします。

ここでは、英会話を始めたいけど何から始めたらいいか分からないという方向けに、

  • 英会話の基礎となる下地を効率的に身に付けられる本のご紹介
  • それらの本でどのように習得するか
  • どうしたら近道になるかなどの学び方のコツ

を、私の経験も交えてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

初心者から英会話を独学勉強する本の選び方

日本人が聞き流しで英語習得は難しい

日本人の私たちが日本語を自然と話せるようになったように、ネイティブの子供は自然と英語を話せるようになっていきます。

では日本人の私たちも、英語を聞き流しているだけで英語を話せるようになるのでしょうか。

私もそれを期待して「聞き流し」の教材をひたすら聞き続けた日々がありました。その本の書いてある通りにただ聞き続けましたが、結局数年たっても私には実現できませんでした。

日本語をマスターしている純日本人は、日本語の感覚が出来上がっているので、英語の感覚を自然に日本語の感覚に置き換えてしまったり、聞き流してしまうのです。

純日本人は、英語感覚を理屈で学ぶのが近道

日本語には日本語の感覚があるように、英語の文法や発音や単語には、英語圏のネイティブのもつ英語感覚があり、その感覚で話されています。

その英語感覚を身に付けることが、英会話習得のコツであり近道になります

ですが、それは聞き流しなどで英語に触れる時間を増やすだけでは、なかなか習得できません。

日本語の感覚が身についている純日本人は、英会話を”自然に”習得する方法よりも、英会話感覚を”学ぶ”ほうが近道です。

その感覚を少しずつ覚えていくと、

  • 間違えた単語や文法の使い方に自然に違和感を感じたり
  • その表現自体を教わっていなくても会話を組み立てることができたり
  • 近い表現で伝えて相手に正しい言い方を教えてもらえる

ようになってきます。

その基本的な土台となる「英語感覚」を、日本語で伝えてくれる良書がいまはたくさんあります。

効率的な英語の勉強には、まずはそのような英語感覚を日本語で身に付けていく方法が、私には近道になりました。

英会話を「感覚」で身に付けられる本を選ぶ

では、ネイティブの持つ英語感覚とはどういうものでしょうか。

例えば以下のようなことです。

  • 英会話は語順で成り立っている。
  • 英会話は基本的に主語(何が)と動詞(何した)がないと会話にならない。

英語は、語順で意味や関係性が成り立っています。

I’ll study more English.(私はもっと英語を勉強する。)

この語順を単純に入れ替えると、文の意味が変わってきます。

I’ll English more study.(カタコト。意味不明)

日本語は「てにをは」で表現できるので、多少語順が変わっても主語や動詞があいまいでも意味が通じます。

ですが、英語は基本的には「てにをは」でなく語順で意味を理解するので、語順を適当にしたりアレンジして日本語的ニュアンスを伝えようとすると、まったく意味が伝わらないということになります。

逆に言うと、語順はみんな一緒ですからとてもシンプルです。

最初に主語と動詞が出てくるのですから、「え、その話の結論は?」と悩むことがなくなります。「語順で意味を理解する」ということに”慣れて”身に付いてくれば、英会話が難しくなくなっていきます。

そのような「英語感覚」を学んで身に付けられる本をおすすめしていきます。

実際に使われているフレーズや言葉を習得できる本を選ぶ

英会話表現の文型やフレーズは、色々なものがあります。日本語でも、敬語や若者言葉や古臭い言い回し、書き言葉や話し言葉など様々な表現があると思います。

本気で勉強するぞ!となると、すべてに全力を注ぎたくなってしまいますが、実際に繰り返し使われる頻出表現から覚えていきましょう。

こちらは、海外ドラマで使われる言葉を集計して、登場回数や使われ方などデータをもとに楽しく解説している本です。

こちらの本を読むことで実際の使われ方が明快に見えてきます。

本の題名にもなっていますが、

海外ドラマで使われる全セリフの8割を構成する言葉の数は、たったの350個だったのです。

そして、その350の単語を見ると、きっとこれを見てくれている方もすでに知っている単語ばかりだと思います。

日本語でも、毎日話されている会話に使われる単語や表現は、それほど多くないと思いませんか?英会話でも同様です。

ビジネスだったり、学校だったりシチュエーションが変わると出てくる単語や表現が違っていたりしますが、その会話を何週間か書き起こして覚えたら、次の週にはある程度会話ができているようになっていると思います。

そして、基本的な会話ができるようになりながら、表現方法や単語を徐々に増やして積み上げていく方法がおすすめです。

インプットだけでなくアウトプットができる本を選ぶ

英語感覚は、まずは頭で理解することが近道とお伝えしましたが、理解した後は少しづつ感覚を身に付けて行くことが必要です。

頭で理解しただけではいつか忘れていきますので、身に付けておかないとその度に考え込んだり本を見直したりという事態になりかねません。

車の運転の仕方やゲームの技の出し方を頭で理解したら、すぐ実践して体に覚えてもらうのです。そのためには、インプットしたらアウトプットができるようにしておく必要があります。

そのアウトプットは、相手のいる会話でなくても、ただつぶやくだけでも効果があります。むしろ1人でつぶやくぐらいのほうがお手軽にマイペースでできますので、回数を重ねることができます。

そのような習慣づけや、ちょっとした成長を自分で楽しみながらできる本を選んで独学勉強することも、英会話を独学習得する近道になります。

英会話を独学勉強するおすすめ本ランキング【発音・英文法・英作文】

英会話の基礎的な感覚を身に付けるには、「発音」と「英文法」そして「英作文」の分野の知識や感覚を学んで習得していきたいです。

「発音」を独学勉強できるおすすめ本ランキング

英会話を習得するためには、まず発音を感覚で身に付けることがとても近道になります。

聞き取るヒアリング、話すスピーキングもそうですが、「英語の音」に対する感覚が分かってくることで、英会話を理解するスピードも上がり、スムーズに会話が進むことで苦手意識もなくなっていきます。

日本人の私たちは、日本語の音が頭の中にしっかり出来上がっているので、英語の子音など聞きなれない音は、雑音として聞き流してしまったり、カタカナ発音に置き換えて聞いてしまうようです。

そうなってくると、英会話の途中で分からない単語に悩んだり、似た発音の単語と混同したり、またそれを文法など知識で補おうとしますから英会話初心者には、どんどんハンデが積み上がっていく状態になります。

とはいっても、英会話の発音を日本人が理解するのはやっぱり留学したり長時間英語に触れないと難しいと思いますか?

私もそう思っていました。でも、発音も頭で理解して体で練習をすれば短期間でも習得ができるのです。

実際、私の場合も本を1冊使い込んだあとは、1か月も経たない内に「正しい」発音ができるようになっていました。

その後のレッスンでも海外でも、英会話をすると発音をまず褒められることが多かったので、勘違いではないと思っています。

自分で発音ができるようになると、その音を頭と体で理解して「音」として認識するようになるからだと思いますが、ただ聞いていた頃より聞き取ることもできるようになっていきます。

さらに、単なる発音としてだけでなく、単語としてや連続した単語の音として理解して練習していくことで、頭と体がどんどん英語の感覚をストックしていく状態になっていきます。

【第1位】英語耳

では、英会話をする際に、最初におすすめしたい「発音」のおすすめランキング本をご紹介していきます。

英語耳は、発音の教材の中でも有名な本ですね。こちらの本は、英会話音痴だった私が英語の発音をすんなり身に付けることができた本でしたので、まず第1位でおすすめします。

英語耳はなぜ発音できるようになるのか

英語耳では、発音について「音の出し方」を日本語で分かりやすく書いてくれています。

”犬や猫を追い払うシッシッという音”といった具合に、日本人に分かりやすい「音の出し方」です。さらにその「音」を出す訓練を繰り返す練習がCDに収録されていますので、効率的にアウトプットもできるようになっています。

地道な「作業」といった具合にはなりますが、発音というより自分の体で「音」を出す練習をするようなシステマチックな作業が、私には逆に楽しくなっていました。

発音について、日本人が発音を再現しやすいように言葉や図で表現を工夫してくれてあります。また重要度順で学べたり、似た発音の違いを徹底的に解説と練習ができるようになっていることなどもおすすめしたいポイントです。

【第2位】15時間で速習 英語耳

英語耳と同じ作者の松澤喜好氏から、2019年の年末に発売された書籍です。

頻出1660語をすべて含んだ英文を、150の英文にしています。英文の長さは平均12秒で読める短文で、10回繰り返すと2分から3分で1文の練習が終わるということになります。

英語耳で基本の発音をある程度でも身に付けたら、今度は英会話について行けるようになりたいところですね。その次の段階のための練習本に最適な本という訳です。

実は、松澤氏からは「単語耳」という頻出単語の練習本も出ていて、TOEICなどを受験する方はとても重宝しますが、普通に英会話をできればいいという場合は、少し単純作業的な訓練が続かなくなってきます。

その点、こちらは英文の形でスピードに慣れることに重視しているため、この練習をすることで海外ドラマのセリフなどが聞き取れるようになるスピードが早まると思っています。

また特にこの本の優れている点は、会話での出現率が高い頻出単語を使って、英文が出来上がっていることです。

⇓ 15時間で速習 英語耳のレビューをしていますので、ぜひご一読ください。

【英語耳の進化版】15時間で速習 英語耳の効果や使い方をレビュー

【第3位】オドロキモモノキ英語発音

オドロキモモノキ英語発音は、直感型の発音練習ができる本といえます。

英語耳は、丁寧にきめ細かく説明してくれる本だとしたら、こちらの本は最初から発音のキモとなる方法の練習が始まっていく構成の本です。

日本人が発音で気を付ける部分に焦点をあてて、かわいい絵とともに実践に入っていきます。

理屈よりも直感型で、早めにコツを掴んで実践を重ねていきたいというタイプの方にはおすすめしたい本です。

「英文法」を独学勉強できるおすすめ本ランキング

英文法の本では、英語の文法だけではなく、文法を含めた「英語感覚」を学べる本がおすすめです。

単純暗記ではないので、少し多めに文章を読んだり、しっかり理解していく必要があるので時間はかかります。ですが、一度感覚をつかんでしまえば、今度は暗記に頼らないため時間短縮ができるようになります。

【第1位】1億人の英文法

2011年初版の一億人の英文法は、”英語人生を変えた”とおすすめする英語上級者も多い、有名な良書ですね。

こちらの書籍の作成時の目的は、「英語を話すこと」となっています。その目的を果たすために、ネイティブの意識や感覚を伝える良書ができたという訳です。

こちらの本の特徴は、

  • 日常語の文法用語にかぎっている
  • 文を作る簡単な原則を解説
  • 重要度順で項目を並べている
  • すべての文の形や表現に英語の「意識」を通わせている

となっています。

ネイティブが何気なく発する言葉ひとつひとつには、意識や感覚があるとお伝えしましたが、そのようなことを丁寧に伝えてくれる本です。

少しボリュームがありますので、一見圧倒されるかもしれませんが、大西先生はこの本を1週間から10日で読みきる勢いが必要と言っています。

一度読み始めると面白くなってきて続けたくなりますので、時間をとって短時間で読むことをおすすめします!

【第2位】英語感覚が理屈でわかる英文法

こちらの本も、私には衝撃的な良書でした。

1位の一億人の英文法と同じように、英語を使うネイティブの感覚を教えてくれる本なのですが、さらに深堀りしてあります。

英文法などの勉強をすすめていくと、ある頃からいろいろな疑問が浮かんでくることがあります。

たとえは、

  • なぜ「可能性」の話のときに助動詞などの過去形を使うの?
  • 過去完了、現在完了などネイティブは混乱しないのかな
  • 仮定法で過去形を使うのはなぜ?

などです。

図などはとても少ない文章での本になりますので、合う合わないがあると思いますが、この本を読み終えると英会話表現での敬語も分かってくるようになりますよ!

【第3位】ハートで感じる英文法

一億人の英文法と同じ著者、大西泰斗氏の2018年新書です。

ハートで感じる、つまり感覚でとらえられるように解説されています。1億人の英文法のようにネイティブ感覚を伝えてくれているのですが、さらに感覚的なことまで分かってきます。

ただこちらは、基本の文法をすべて解説しているわけではありませんので、もっと基本から勉強をしたい方は一億人の英文法と合わせて勉強すると良いと思います。

こちらは図なども多く、頭に入ってきやすい構成です。

英会話をトレーニングできるおすすめ本ランキング

英文法と発音の感覚が身についてきたら、あとは英文をつくる英作文のトレーニングをしていきたいです。

インプットとアウトプットの両方が大事ですが、ここでのアウトプットはフレーズの繰り返しやシャドーイングではなく、自分で組み立てて話す英作文です。

どうしても最初は、インプットやリピートなどによる単純なアウトプットに偏ってしまうので、いざ英会話をしようとしたときに、とっさに言葉がでてこない状態になってしまいやすいです。

ある程度インプットが蓄積されたら、どんどんそのような英作文の練習ができると効果が出やすいと思います。そんな練習ができる本をご紹介していきます。

【第1位】どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

こちらも、英作文ではとても有名な本です。

日本語の音声のあとに、続いて同じ意味の英文を自分で応える形式になっています。

このような英作文です。

これは彼女の自転車ですか? ⇒Is this her bicycle?

昨日僕たちが会った女の人は彼のおばさんだよ。 ⇒The woman whom(that) we saw yesterday is his aunt.

英文を見ると中学1年生レベルの英語なので、特に必要ないかもと思われるかもしれません。

ですが、基本中の基本的な英会話を反射的にこたえられるようにしておくことは、意外なほど実際の英会話にきいてきます。

本の他にアプリもありますので、アプリのほうが親しみがある方は本は買わないでもいいと思います。

【第2位】NHKラジオ英会話タイムトライアル

NHKラジオ講座の英語タイムトライアルは、言いたいことを簡単な表現でとっさに言える練習をする番組です。

中学レベルの単語や表現を使った1日10分×週5回のトレーニングで、日常会話をテンポよく答える練習ができます。

番組の雰囲気がわかる動画はこちらです。

毎月テキストが販売されますので、その時期に合わせた場面設定なのもうれしいところ。

最新号ののぞき見は、こちらからできます。

雑誌のオンライン書店 Fujisan

番組のメイン講師は、スティーブン・ソレイシィーさん。次に第3位でご紹介する本の著者です。ネイティブの方なので、英会話表現に違和感がなく実際の英会話でも違和感がなく頻出する表現なのが嬉しいところです。

毎日番組をチェックできない方は、NHKのWEBページで前の週のストリーミングを聞くことができます。

NHK英会話タイムトライアル

英会話レッスンだと、短い時間で会話が通り過ぎていってしまうため、その場で理解したつもりでもなかなか蓄積されにくいものです。

最初は簡単な受け答えを重ねていって、英会話で聞かれたことに「とっさに」答えられるようにできてくると、どんどん自然と英語を話す感覚が身についてきますよ!

【第3位】なるほどフレーズ100

Almost!(おしい!仕事中では、もう少し!)

What’s that mean?(それってどういう意味?)

I’m not sure.(よくわからない)

など、日常でも仕事でも使える簡単な言い回しが載っています。

実際の会話でよく使うことがある言い回しなので、英会話のクッションとなり会話がスムーズになります。

とても簡単なフレーズばかりになりますが、使う場面の多いフレーズなので練習対効果は大きいです。

「番外編」の独学勉強できるおすすめ本ランキング

【第1位】100語で伝わる魔法の英単語ランキング

「海外ドラマはたった350の単語でできている」の著者の方の新書です。

著者のCozy氏は、アメリカに2年滞在することになり「アメリカに住めば英語がペラペラになるだろな~」と期待していたところ1年経っても簡単な会話すら聞き取れなかったそう。

そんなときに見たアメリカのドラマを見ていてあることに気が付いたそうです。ドラマで使われている単語は簡単な単語ばっかりだと。

セリフに何度も登場する単語は少ない。でもその簡単な単語でつくられた英会話を日本人が理解するためには、「やさしい単語を使いこなすこと」が必要だったのです。

その単語や表現を、やはりネイティブがどんな感覚で使っているのかを説明してくれています。

またCozy氏の教えてくれる英会話は、アメリカのドラマからですので、いま実際に話されている会話から。さらにドラマに「出る順」に教えてくれますのでとても実用的なのです。

【第2位】英会話イメージリンク習得法

英会話をイメージでとらえられるイメージリンク習得法。

英会話ができるようになるには、その状況と結びついた英文が自然と口から出てくる英文を蓄積すること

そしてそのようなイメージと結びついた英文を蓄積するには、心構えと理解と時間という要素が必要と言っています。

  • まず昔鵜呑みにした英文法を忘れること。
  • 英文に文法をあてはめるのではなく、英文を英語のまま理解することが必要。
  • 心構えとしてはまず英語という言語に関心をもつこと。

そして、英語の言い回しや表現に違和感を覚えたときは、チャンス。

ネイティブがその表現を自然なものとして感じるのは、どんなイメージや発想をしているのか、という関心を持って英語の世界を探求すること。

とあります。

こちらの本も、英語の感覚をとらえることを中心にしていますが、さらにそれをより「イメージ」で自分のものにする方法を教えてくれています。

英語感覚について、基本的には「文法」でおすすめした本と似た解説になりますが、その感覚をより自分の「イメージ」にしていくかが詳しくあります。

イメージ力のある方は、感覚をつかむスピードが早まるかもしれませんのでおすすめです。

【第3位】最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる

こちらの本は、日本人が英会話に自然に入っていけないのは「しゃべりだし」を知らないからだということで、会話のきっかけをつくる一言をまとめて解説している本です。

例えばこのような「しゃべりだし」です。

How do you like…? (~はどうですか)

Let me ask.. (ちょっと聞かせてください)

You mean..? (~ってこういうことですか?)

In that case,… (それなら)

日本語でも話をつないだり、切り出したりするときに使う言葉はそう多くないと思いますがありますね。一度覚えておくと会話が楽になっていきます。エッセンス的に少しずつ覚えていくと会話がよりスムーズになって楽しくなるのでおすすめです。

まとめ

英会話初心者が本気で独学勉強するためのおすすめ本を、分野ごとにランキング形式でご紹介いたしました。

今回ご紹介した本や教材は、英会話というものや英語を話すネイティブの感覚の本質が学べるものをご紹介しています。

そのため地道な勉強中も興味をもって取り組める教材だと思いますが、実際に英語で会話をする機会がないと、いつの間にか英会話から気持ちが薄れて遠のいてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、海外ドラマやTEDなどの動画を見ることをおすすめします。少しずつかもしれませんが、早口の英語でも単語が聞き取れてきたりなど学習の効果を実感する瞬間を味わえると思います。

今回の記事が、ぜひ少しでも英会話独学の本選びの参考になりましたらと思います。

ブログ情報・お問合せ